いつまで我慢してるの?モラハラ夫の根本原因と対処法3つ

どうも。高橋です。
モラハラを受けると相当な精神的ダメージが溜まっていきますよね。

今まで色んな人へアドバイスをしてきましたが、その中でもモラハラに苦しむ人は結構いました。

モラハラとは簡単に言えば精神的なDVです。

身体を殴ったり蹴ったりするようなことは無いのですが、言葉の暴力で人の精神を傷つけます。

そのような言葉の暴力をモラハラというわけです。

そして世の中にはモラハラで奥さんを傷つける旦那さんというのが存在します。

僕も色んな人の話を聞く中で、精神的に披露し深く傷ついている女性をたくさん見てきました。

そして実はモラハラを受けやすい女性や、モラハラ男を捕まえやすい女性には共通点があるんです。

そこを見直すだけでもモラハラから逃れることができたり、モラハラ夫の正しい対処法が分かったりします。

この記事ではそんなモラハラ夫になる原因や対処法などをお伝えしていきます。

1モラハラ夫の7つの特徴と原因

モラハラ夫になる人には特徴があり、その原因にも共通点があります。

ここを知っておくだけでどう関わっていけば良いのかのヒントになるので是非活用してください。

1-1外では良い人を演じる

モラハラをする人の特徴としては裏と表の顔があり、外では凄く良い人を演じます。

これは世間体を気にしているためです。

要はモラハラをする人は自分に自信が無く、周りの評価を凄く気にしてしまう傾向にあります。

だから家」では酷い態度を取っていても外付き合いではとても良い顔をし、世間的な評価を高める努力をするわけです。

そうやって自分のアイディンティティを保とうとします。

1-2正当化して妻の意見を受け入れない

モラハラをする夫は必ず自分を正当化します。
何か間違いを指摘されようものなら、ありとあらゆる言葉を使って相手をねじ伏せようとするんです。

これは自分のミスを受け入れる余裕が無いことの表れです。

[自分が間違えている=自分には価値が無い]という誤った解釈をしており、[何かを指摘される=自分は無能と評価された]という捉え方をします。

だからモラハラ夫は必死になって自分を正当化して、何としてでも相手をねじ伏せる必要があるんです。

自分の価値が無いと認識するのを凄く恐れています。

1-3相手の欠点をとことん指摘する

モラハラ夫は自分のことは正当化し、相手がミスをした時はとことん指摘します。

そうやって結果的に相手を傷つけていくんです。

ただこれは相手を傷つけることが目的ではなく、自分を守るために行なっています。

要は自分の欠点や無能さを受け入れられず、そこを自覚するのを潜在的に恐れているので、相手の欠点を徹底的に浮き彫りにすることで相対的に自分の価値を高くしようとしているわけです。

1-4怒鳴って威嚇するor物に当たる

モラハラ夫の中には都合が悪くなると怒鳴ったり物に当たったりするタイプもいます。

そうすることにより相手は怖がったり萎縮したりするので自分の思い通りに動かしやすくなるんです。

これはモラハラ夫が[自分の方が正しい=相手が自分の思いどおりに動くべき]と、勘違いをしているため起こります。

そしてモラハラ夫は[自分が正しい=存在価値がある]と歪んだ解釈をしているので、その手段として怒鳴ったり物に当たったりして相手より優位に立とうとするんです。

1-5被害者になる

被害者になるタイプのモラハラ夫もいます。

これは外付き合いの人達に[自分がいかに可哀想か]をアピールする場合もありますし、自分の奥さんに対してアピールする場合もあります。

外に対してアピールする場合は自分が被害者になることによって同情を集め、自分の味方を増やそうとするわけです。

そうすることで[自分は正しい、あなたが間違っている]という構図を作り、自分の正しさを証明しようとします。

 

奥さんにアピールする場合も同様で、被害者になり[いかに自分が大変か、どれだけ辛いのか]を伝えることで同情を誘い、自分の行いを正当化しようとするわけです。

 

結局これもモラハラ夫は自分の正しさを証明することでしか自分の存在価値を感じれないため起こる現象になります。

1-6距離を置いて無視をする

自分の思い通りにならないといきなり距離を置き無視をするモラハラ夫もいます。

無視をするくせに
「なぜ俺が怒っているのかも分からないのか」
「自分でよく考えてみろ」
などと、どうしてほしかったのかも直接は言いません。

 

これはそうすることで自分に気をかけてもらおうとしているわけです。

無視をすれば当然相手は気になります。
「どうしたのかな」
「私が何か悪いことしちゃったのかな」
など色々と考えてしまいますよね。

これがモラハラ夫の狙いになります。

つまり相手と距離を置くことによって注目を集めたいわけです。

すると相手よりも優位に立てるため、その状況を利用して自分の思い通りに相手を動かそうとします。

そうやって相手を思い通りに操って自分の正当性を証明することでしか自分の存在価値を認識できないんです。

1-7全ては自分が優位に立つために行う

これまでモラハラ夫の色んな原因や特徴をお伝えしてきましたが、全ては自分が精神的に優位に立つために行なっています。

モラハラ夫は一見[自分大好き人間、自信過剰男]に感じますが、潜在的には自分で自分の価値を感じることができないので、相手より優位に立つことでしか心のバランスを保てません。

だから自分の弱さを受け入れられないですし、それを隠すために必死になり、これまでお伝えしたありとあらゆる手段を使うわけです。

 

モラハラ夫を攻略するにはこの心の構造を理解しておく必要があります。

2モラハラのターゲットにされやすい人の4つの特徴

モラハラの被害者には特徴があります。
自分がその特徴にどれだけ当てはまっているかを知っておくと良いですね。

そうして自分を変えることでモラハラを跳ね除けられることもありますので。

では参りましょう。

2-1自分に自信がない

モラハラを受けてしまう人は自分に自信が無い人が多いです。

だから相手の理不尽な言い分も反論できず受け入れてしまいます。

そして自信が無いので自分の意志がありません。
そのため周りの意見に流されることが多く、特にモラハラ夫の意見にも強い影響を受けてしまいます。

2-2自分を責める

「私が悪いんだ…」そんな思考を持つ人はモラハラ夫の餌食となります。

自分に自信が無いので「悪いのは私だ…」となりやすいんです。

結局モラハラする人は相手の価値を下げて相対的に自分の価値を上にしようとすることで心のバランスを保っているので、そういった態度はモラハラを勢いづかせ、どんどんエスカレートさせていきます。

2-3嫌われるのが怖い

人に嫌われるのを異常に怖がっている人はモラハラのターゲットになりやすいです。

嫌われるのを恐れるあまり、自分の意見も全く言えなくなります。

そうして反論もできなくなるので、モラハラする人にとっては丁度良い相手となるわけです。

2-4依存心が強い

依存心が強い人もモラハラのターゲットになりやすいです。

誰かに依存していないと心の安定が保てないので中々離れることができません。

それが例えばモラハラをする人であっても失うのが怖いんです。

そしてモラハラ夫は時に
「お前には俺が必要だ」
「俺じゃなきゃダメなんだ」
などと洗脳めいたことを言うこともあります。

そんな言葉により依存心の強い人は「やっぱり私にはあなたが必要なんだ…」と勘違いして、さらに依存して離れられなくなってくわけです。

3根本的な3つの解決策

モラハラをする旦那と、それを受ける奥さんはお互いに依存する形になっています。

[精神的に優位に立って自分の存在価値を感じたい旦那]と[自信が無くて依存心が強い奥さん]は変にマッチしてしまうんですよね。

この依存関係を根本から断つには自分と相手の両方が変わらないといけません。

ここではその方法をお伝えしていきます。

3-1自分に自信をつける

まずは相手を変えるというよりは自分が変わる方が先決です。

そのために最初に必要なのは自分に自信をつけることです。

結局モラハラの被害者になる人というのは自分に自信が無いので他人の評価で自分の価値を決めようとします。

要は常に他人の評価が基準なんですよね。

だから

  • 旦那が好む自分になる
  • 旦那が好きな髪型にする
  • 旦那が怒らない態度を取る
  • 旦那が好きな所へ出かける
  • 旦那が好む料理を作る

そんなことができる自分が良いと思ってしまうんです。

 

こーいうことの積み重ねがモラハラ夫の言葉も受け入れてしまうようになってしまいます。

そしてその評価を間に受けて自分の価値を下げてしまうわけです。

その結果、「自分一人では価値が無いんだ」という思いが強まり依存心が育っていき、何でも相手の言うことを聞いてしまう関係になります。

そんな相手の明らかに理不尽な言い分や、不当に責任を押し付けてくる態度などに屈しないためにも、自分に自信をつけなくてはなりません。

そうして他人の基準ではなく[自分がどうしたいのか、何がしたいのか]という自分の基準を作る必要があります。

3-2夫に自分の弱さを自覚させる

自分に対する自信が付いてきたら夫にも自分の弱さを自覚させる必要があります。

結局モラハラをする側も自信の無さを相手を攻撃することで隠しているにすぎないんです。

その部分を自覚させることにより、本当の意味で強くなる必要性を感じさせ、大切なことに気づかせるわけです。

 

 

このように文章にすると簡単ですが実際に行なっていくのはかなり大変な作業になります。

なぜならモラハラ夫はエラそーに見えても実は心は弱く、図星を突かれるとかなり感情的になるので

そんな中でしっかりと対話をし、関係を築いていく作業になるのでとても大変です。

そんな関係を築くための対話の方法はこちらの記事を参考にしてください。

その争いは意味あるの?カップル喧嘩で信頼を深める極意5つ

タイトルはカップル向けになってますが内容はかなり本質的なのであらゆる場面に使えます。

3-3別れる

モラハラをしてくる夫から離れるのも選択肢としてはアリです。
相手を変えることは本当に難しいですから。

ただし、自分が成長して変わっていないのなら相手と別れたとしても、また同じような人を捕まえてしまうため何度でも繰り返します。

そうならないためにも自分の思考を成長させる努力をしながら、悪い評価を与えてくる夫から離れるという選択をしてほしいです。

何よりもまずは自分が変わることが先決です。

4まとめ

モラハラは精神的な暴力のため見えづらく、知らない間に心が蝕まれていきます。

そうならないようにもっと自分と向き合い、思考パターンを自覚して、考え方から変えていけるようにしましょう。

そして自分をもっと大切にしてください。

 

さて、ここまで真剣に読んだ方は

・自分への自信ってどうやってつけるの?
・相手に弱さを自覚させるには具体的にどうしたらいいの?
・自分の基準ってどうやったら身につくの?
・自立するにはどうすればいいの?
・自分と向き合うって何をするの?

など、色々な疑問が出てくると思います。

その辺のさらに具体的なことに関してはこちらの無料Ebookに乗ってますので是非ともこの機会に受け取ってください。

 

友だち追加

LINE@でお友達追加をしてもらうと受け取れます。

是非とも参考にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ハピネーション無料E-book

ハピネーション無料E-book

人間関係やコミュニケーションで悩んでいるあなたに必見です。 この無料Ebookでは今まで誰も教えてくれなかった[人間関係][コミュニケーション]の極意を特別にお伝えしております。 このEbookを読むことで、 世に出回っているような薄っぺらいテクニックとは違った、 本当の意味でのコミュニケーション力を身につけていただきたいと思います。 是非ともこの機会に受け取ってください。

2 件のコメント

  • かつての知人にそっくりです。。好きな人だったのですが、付き合う話になったのですが、何故かうまくいかなくなり、付き合う話が消えました。
    友人に概要を話したら、「その人、モラハラするタイプだ」と。。当初はそんなこと、信じられず、私の何が悪かったのだろう?と自答自問してたのですが、モラハラを検索したら、出てくるわ、出てくるわ。。行動があまりにもその人に似てまして。多くの友人から、付き合わなくて良かったと再三言われてます。
    その彼、再婚したらしいのですが(離婚歴有り)、いつまで保つんでしょう。。

    • 確かに付き合わなくて良かったと思います。
      モラハラをする人と付き合うと自己肯定感がどんどん下がっていくので!

      モラハラをする人が相手として見つけてくるのは「自己肯定感が低く依存心が強い人」です。
      「支配したい男性」と「依存したい女性」でバランスが釣り合うと意外に長く続いたりもします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です