[結婚=私を受け入れてくれた証]ではない

LINE@でメッセージで相談があったので今回もそこに答えていこうと思います。

で、どんな相談だったかというと、

このメッセージは長かったので
簡単にまとめると

  • 4年付き合った彼と別れました
  • 彼には自分の色んな所をさらけ出せていたから別れが辛い
  • 別れを告げられて自分を全否定された気分
  • 次に私を受け入れてくれる人が現れるか不安

という感じでした。

自己肯定感が低かったり、
自分に自信がなかったりすると
こーいう考えになる人が多いですよね。

特に彼には特別に色んなことをさらけ出していたわけですから、なおさらです。

 

ただ、ここで彼女が勘違いしている部分があるのですが、

結婚=あなたを肯定
別れる=あなたを否定
ではないんですよね。

 

だって、

世の中には結婚してもお互いを否定し合って仮面夫婦になっている家庭もたくさんあるわけですから。

一方で、婚約はしなくても深い信頼関係で結ばれている人もいます。

 

結婚って[私を受け入れてくれた証]ではありません。

逆に別れる=あなたを否定している
というわけでもないんです。

 

相手のトラウマの問題で別れることもありますから。

例えば極端な話、
・幼少期から母子家庭で、
・母親は子育てそっちのけで、
・子供を放置して色んな男と付き合い
・子供は邪魔者扱いして

愛情を貰ってこなかった男性がいたとします。

そんなふうに育った男性は人によっては、「自分は女性からは愛されない」という思考を無意識のうちに心へ刷り込んでいます。

すると、関係が深くなるにつれて幼少期に体験した捨てられる恐怖が出てきてしまい、相手を突き放そうとして別れを告げることがあるんです。

「捨てられて傷つくくらいなら、自分から離れた方がマシ」
そんな思考です。

 

こんな場合、
もし、あなたと別れたからといっても、
あなたを否定しているわけでは無いですよね?

彼のトラウマと思考パターンの問題なわけですから。

 

で、今は極端な例ですが、
誰しも人は全員価値観が違いますし、その人特有の何かしら思考パターンを持ってるんですよ。

 

つまり振られる時というのは
[あなたが相手に与えた影響]と
[相手が持ってる特有の思考パターン]
の両方が原因としてあるわけです。

 

もっと簡単に言えば
別れる原因は[あなたの考え方の問題]と[相手の考え方の問題]の両方が要因としてあるわけです。

 

で、大抵の場合フル側の方は自分の考え方にも問題があるはずですが、そこには全く触れず、相手の考え方の問題だけを語ります。

 

 

つまり「そっちがこんなことをしてくるから悪い。だから別れる」
という自分が悪者にならないように伝えるんですよ。

そうすると今回の相談者さんのように、振られた側は
「私が全否定された」という解釈になりやすくなります。

 

実はその背後には相手の思考パターンの問題が含まれているので、
あなたが全て悪いわけでも、
存在を否定されているわけでもありません。

まずはここを前提として持っていてください。

 

 

じゃあその上でどうすれば良いのかという話にココからなります。

 

大切なのは否定されるとか肯定されるとか、相手のせいとか、自分のせいとかではなく、関係を築くこと、育てることなんです。

これは人間関係全て当てはまる凄く重要なことですよ。
恋愛も、夫婦関係も、子育ても、ビジネスも、
多くの場合はこの[関係を育てる]という感覚がありません。

 

じゃあ[関係を育てる]という観点で今回のケースを見てみましょう。

この彼女は
・次私を受け入れてくれる人が現れるか不安
・誰も私を支えてくれない
・ありのままの私は受け入れてもらえない
というという不安を抱えていますよね。

この気持ちは確かに分かります。

人は誰しも受け入れられたいですし
必要とされたいですし、
愛されたいですから。

 

そこは僕も同感です。

しかしですよ、
[関係を育てる]という観点で見た時、
・私を受け入れほしい
・私を理解してほしい
・私を支えてほしい
というのは関係を育てることに繋がるかどうかを考えてみて欲しいんですよね。

①私を受け入れてほしいから自分をさらけ出した
②そしたら相手が受け入れてくれた

ここまでは良いことですよね。
喜ばしいことです。

 

で、そのあと考えるべきは
それだけで関係が育つかどうかですよね。

これってよくよく考えてみると何だか一方通行な気がしません?

 

勘違いしやすいのですが、
自分を受け入れてくれたというのは
二人の関係が育っていることとは別物なんです。

 

・私を受け入れほしい
・私を理解してほしい
・私を支えてほしい
と思うことは良いんです。

それを求めること自体は普通なことなので。

でも、それだけでなく
・相手を受け入れよう
・相手を深く理解したいな
・相手を支えたい
という思いも同じくらい大切なんですよ。

 

自己肯定が低かったりすると、
自分を受け入れてほしいし、理解してほしい
という欲求が出ます。

ですが、色々とさらけ出したとしても、
さらけ出した結果、相手に否定されたら
・攻撃してくる人は敵だ
・なんでそーいうこと言うの?
・もうこの人にさらけ出すのはやめよう
と相手を責めたくなってしまうんです。

そこで本来は

  • なぜ相手は否定したのか
  • 相手にはどんな価値観があるのか
  • 相手の心の奥には本当はどんな想いがあるのか

などを知ろうとする努力が必要になります。

否定してくるとしたなら、相手にも考えがあるわけで、そこの価値観を引き出さない限り、理解は深まりませんし、一方通行ですよね。

 

そして一方通行でいると、二人の関係は育っていかないんですよ。

 

 

つまり、今回のケースで言えば、別れたのは
あなたの人格が悪いわけでも、あなたの存在価値がないわけでもなく、関係を育ててなかったから別れたんです。

「否定された」とか「肯定された」とかではないんですよね。

 

関係を育てる中では全否定されることもありますし、受け入れてもらえることもあります。

それを乗り越えて信頼関係を築くというのが凄く大切なんですよ。

 

是非ともそこを意識して次の彼とは良い関係を築いてほしいと思います。

 

 

 

そして、これを踏まえた上で、
今後の人間関係の悩みを解決していくために必要なのは

  1. 自己理解を深めて
  2. コミュニケーション能力を上げる

ことです。

 

この辺の詳しい方法に関してはコチラの無料eBookに載っています。

 

友だち追加

是非LINE@でお友達追加して受け取ってください。

またLINE@では音声による人間関係の極意を日々配信しております。

ここまで真剣に読んでくれたあなたには是非ともお友達追加をしていただけると嬉しいです。

 

では。

ハピネーション無料E-book

ハピネーション無料E-book

人間関係やコミュニケーションで悩んでいるあなたに必見です。 この無料Ebookでは今まで誰も教えてくれなかった[人間関係][コミュニケーション]の極意を特別にお伝えしております。 このEbookを読むことで、 世に出回っているような薄っぺらいテクニックとは違った、 本当の意味でのコミュニケーション力を身につけていただきたいと思います。 是非ともこの機会に受け取ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です