圧倒的に魅力的な人の7つの特徴!簡単4stepで人気者へ!

どうも高橋です。

魅力的な人って良いですよね。
いつも注目されるし、人気者だし、頼りにされるし、モテるし…
でも憧れの存在だけで終わってませんか?

実はあなた自身が魅力的になる方法があるんです。

今回はそんな誰も教えてくれなかった魅力を付ける方法をお伝えしていこうと思います。

1圧倒的な魅力を醸し出す人の7つの特徴を知る

ステップ1では、まずは魅力的な人の特徴を理解しましょう!

1-1自分の軸がある

魅力的な人は必ず自分の軸を持ってます。
自分の価値観をしっかり自覚しており、それを大切にしてます。
だからこそ選択基準が明確で世間体に流されることも無いです。

要は自分のことを信じており、そして好きなんです。

周りを見て[自分自身を信じている人]や[自分のことが好きな人]がどれだけいるでしょうか?

おそらくそんなにいないでしょう。

だからこそ目立ちます。
本来は皆んな自分を好きでいたいですし、自信を持ちたいんです。でも、できない現実があるんです。

そんな理想像を体現している人を見ると、どーしても魅力を感じてしまうんですよね。

魅力的な人に自分の軸は必須になります。

1-2空気が読める

これは魅力的な人になる以前に、空気が読めないと他人から敬遠されることがあります。

「空気を読む」というのは簡単に言えば、他人の心理を想像し、暗に求められている対応をするということです。
つまり他者の気持ちが良く理解できるので当然人からは好かれます。

更にレベルアップすると周りの空気を理解した上で、あえて空気を読まない発言をして、皆んなを正しい方向に導いたり、場の空気を良い方向へ変えたりします。

場の支配力まである人は本物です。

1-3好奇心旺盛

魅力的な人は興味の範囲が広いです。
色んなことを知ろうとするので単純に教養の範囲が広く、視点も多いです。
だから多ジャンルの話ができますし、人から意見を求められた時は他とは違う視点で答えることができたり、相談された時は相手に気づきを与えたりすることができます。

好奇心旺盛で体験したことを学びに変える力のある人は多くの人を惹きつけることができるんですよね。
また、そういう人は色々な体験をして視点を増やすことが自分の成長に繋がることも自覚しています。

なのでより一層興味を持つことが増えて、どんどん魅力を増していきます。

1-4ギャップがある

人はギャップに弱いです。強力な魅力はギャップから生まれます。

なぜギャップが魅力的に映るのかというと、人間的な幅が見えるからです。
そして底が見えなくなるからです。

人は人間的な幅があって、底が見えない人を見ると魅力を感じてしまう生き物です。

例えば、[バカそうな人が、実はバカだった]…これでは魅力は生まれません。
底が想像できてしまうんですよね。

しかし、[バカそうな人が、実は超キレ者だった]となると「この人の底はどこにあるんだろう?」と気になるんです。
人間的な幅が底を深くし、勝手に想像を駆り立て、人を惹きつけます。

これは好奇心旺盛な部分とも繋がってきます。
色んなことを興味を持ってチャレンジすればすほどギャップは生まれやすくなります。

1-5本質が見える

魅力的な人は本質が見えています。
何が大切で、どれを一番優先すべきかを知っています。

これは自分の軸があり、相手の気持ちが理解でき、視点を多く持ってるからこそ可能になることです。

つまり、自分のことが好きになり、空気が読めて、好奇心旺盛になると得られる能力ということです。

その方法は後半にお伝えしてるので参考にしてみてください!

1-6人に興味を持っている

人に興味を持たないと何も始まりません。
なぜなら世の中の問題はすべて人が関与しているからです。

戦争も、政治も、経済も、ビジネスも、恋愛も、家族も、友人も、
大きいものから小さいものまで全て人が100%影響しています。

逆を言えば、人さえ理解できれば全ての悩みは解決します。
魅力的な人は「人との繋がりが大切」ということを本能的に分かってるんですよね。

だから人を知ることが自分の成長に繋がるということも自覚してますし、だからこそ人を大切にします。
なので魅力を感じるんですよね。

1-7ユーモアがある

魅力的な人は面白いです。
好奇心があって色んな体験をしているので、視点も多く、話も面白いです。

ユーモアというのは
空気が読めて、相手の理解度を察知することができ、人とは違う視点で表現しつつ、共感を生むという、とても高度なスキルです。

ただこのスキルはテレビで芸人のトークなどをよく観察し真似をすることで掴めてくるので、バライティ番組は良い教科書になります。
ユーモアの研究から興味の範囲が広がったり、空気の読み方が身に付いたりすることがあるので、魅力を付ける入り口としても素晴らしいと思います。

2自分の現状を把握する

ステップ2は自分の現在地を把握しましょう。
変化を起こすのであれば、まずは現状を確認しなければ改善点は見えないですから。
では参りましょう。

2-1自分がどういう人間かを自覚する

まずは自分と向き合い、自分の価値観を把握する必要があります。
価値観とは簡単に言えば[人生の中で大切にしているものランキング]です。


実はこの順位が自覚できない人ってかなり多いです。
ここが分からなければ自分の軸はできないですし、自分のことを好きにはなれません。

なぜなら価値観を自覚しない限り自分の選択基準は無く、世間体に流されるからです。

これは当然ですよね?
自分が「何が好きで何が嫌いか」が分かってないとしたら何を基準に物事を選べばよいのでしょう?

自分に基準がないからこそ「世間的に良いとされるモノ」「世間の評価を下げないモノ」を基準に選びます。
これでは自分の軸なんてできるわけ無いですよね。

だからまずは自分と向き合って、自分の価値観を把握する必要があるんです。

2-2理想と現実の差を知る

「自分とはどういう人間か」を把握したら、自分が魅力的になるためにはどの要素が足りないのか自覚しましょう。

ユーモアが足りないのか、空気が読めないのか、好奇心がないのか、ギャップが足りないのか、など、今の自分と理想像を比べて改善点を見つけます。

そうして具体的に何をすれば良いのかまで考えていきましょう。

ただ、自分と向き合う作業をキチンとやってない人は何をすべきかが全く分からないかと思います。
解決策が思いつかない場合は、自分と向き合う作業に戻ってください。

2-3行動を起こす

現実を見て、改善点も把握したら、次は行動です。

例えば「視点が足りない」と思ったら、好奇心を持って色んな体験をしに行き、学びを得てください。

「ギャップが足りない」と思ったら新しいことにチャレンジしてください。
何気ない趣味がギャップに繋がります。

「空気が読めない」と思ったら恋をしてください。既にパートナーがいる場合はその人と徹底的に向き合ってください。
そうして相手の立場を最大限に想像する体験をしましょう。

…こんな感じで足りない部分に関して実際に行動を起こすと確実にあなたの魅力は増していきます。

3進化にフォーカスすると魅力が溢れ出る

ステップ3では魅力的な人が持つ思考法を取り入れます。
この考え方に変わるだけでかなり魅力的に映るでしょう。
では参ります。

3-1損得勘定を丸出しで生きる⁉︎

まずは損得勘定を丸出しで生きてください。
…こんなことを言うと「そんな人は逆に嫌がられるのでは?」と思われますが、それでいいんです。

ただし普通の損得勘定では嫌われます。
なので自分の進化を基準に損得を考えてください。

つまり「自分の進化に一番の価値を置く」ということです。

ここに集中している人は本当に魅力的な人が多いです。
どんなことも自分の価値に変えてしまいます。

例えば
・約束をドタキャンされた
・パートナーが腹立たしい
・上司が理解できない

など、日常では色んなことが起きますが、そこで自分の進化に一番の価値を置くんです。
一見すれば「損」見える状況も、自分の進化に一番の価値を置くことで楽しめます。

つまりどんな状況も成長ポイントを探していくということですね。

更に分かりやすく具体例をあげましょう。

3-2自分の進化に一番の価値を置く〜具体例〜

これは僕が学生の頃、整体でバイトをしていた時の話です。

僕のバイト先は物凄く給料が安かったのを覚えてます。
最低賃金は下回り、残業代も付かず、夜遅くまで働いてました。
しかも時給のアップの制度はありません。

そのせいか、短期間で新しい人が入っては消え、入っては消え…を繰り返してました。
みんな長く続かないんですよね。

給料安くて、長時間働かされ、給料アップも望めない職場…皆さんならどう思いますか?

まぁ、[割に合わないから辞めるor給料が安いからテキトーにやる]という人が多いかと思います。

普通の損得勘定でいけば確実に「損」です。
けれど僕はそこに4年勤めました。
整形外科に正社員として就職した後も、そこの整体院のバイトも掛け持ちして(笑)

なぜ僕がそんなに続いたのでしょう。

当時の僕の目標は「凄腕の治療家になって開業する」でした。
そして、そのバイト先にはそれに必要なエッセンスが詰め込まれていたんです。

  • 問診の取り方
  • 身体の診断法
  • 施術スキル
  • 経営方法

など、全てが学べました。

だから僕の思考回路は
「お金を貰いながらスキルまで教えてくれるなんて、最高じゃね?」…でした(笑)

だから、安い給料での長い労働時間も楽しんでました。
そして精神的にもかなり充実してたんですよね。

この頃から僕の考え方としては、
金銭的な何かではなく、
時間的な何かではなく、
労働量的な何かではなく、

[自分が進化できるかどうか]を基準に損得を選んでいました。

これが「自分の進化に一番の価値を置く」ということです。
自分が進化できるのであれば「得」で、進化が望めないのであれば「損」です。

これができると本当に何をやっても成長が早いです。

そして「自分の進化に一番の価値を置く」ということをすると、全ての事象を自分次第で「得」に変えることができるということです。

だからストレスが一気に減ります。

ちなみに僕の尊敬するステージの高い方々は、みんな自分の進化に価値を置いてました!
だから僕はマネしたんですよね(笑)

3-3天敵は自分の中の被害者意識

しかし、この考え方ができる人は本当に少ないです。
なぜ少ないのかというと、人は基本的に被害者意識だからです。

普通に考えてみればわかると思いますが、何か自分に不都合なことがあった時、他人のせいにしてる人が自分の進化に価値を置くことなんてできません。
自己正当化に必死で、自分を守ることで頭がいっぱいなんですよ。

何をするにしても被害者意識全開で自己正当化が第一になってくると、様々な場面で自分を進化させる機会を失います。

「長時間働かされてる」
「給料が安すぎる」
「いつも重労働をやらされる」
…この思考では絶対に自己成長は不可能です。

だから興味の範囲は狭くなって視点は少なくなりますし、好奇心も減ってギャップは生まれませんし、自分の目の前の利益優先なので人の気持ちは考えなくなり空気も読めなくなりますし…。

どんどん魅力的な人からはかけ離れていきます。
なので「自分の進化に一番の価値を置く」という考え方を取り入れてみてください。

4最高のコミュニケーションで他者へ還元して人からモテまくる!

ステップ4では他者との関係の作り方にフォーカスします。
魅力的な人はコミュニケーションも素晴らしいですよね。

4-1魅力の正体はコレだ!

まずは魅力の正体を知らないと、魅力的なコミュニケーションは取れないですよね。

これは結論から言いますと、価値を与えているかどうかです。
[魅力=価値を与える]です。

例えばイケメンや美女を見ると魅力的に感じますが、あれは見ているだけでも恋愛感情だったり、性的興奮だったり感情を満たしてくれるので価値を与えてます。

じゃあ、女性のお金を貪るヒモ男はどうでしょう?
彼らは彼女の「私がいなきゃ彼は生きていけない。私は必要とされている!」という承認欲求を満たしています。

自己肯定感が低い場合、他人から必要とされないと自分の存在価値を感じれないので、彼女らにとって自分を頼ってくれるヒモ男は重要なんです。

つまりヒモ男は価値を与えてます。
だから彼女らは何でもできる良い男よりも、ダメンズの方を魅力的に感じます。

このように相手に価値を与えればばどんなことも魅力と感じるんです。

まずはこの前提を理解していただきたいと思います。

4-2コミュニケーションで魅力を生み出す

では、「イケメンや美女でもないし、特に価値も無いよ」という人はどうすれば良いのでしょう。

それも気にすることはありません。
そんな時はコミュニケーションで価値を与えれば良いんです。

シンプルにこれだけ頭に入れておきましょう。
コミュニケーションにおける価値とは相手に気づきを与えることだと。

「気づき」って相手の価値観や見えている世界を広げるんですよね。

要は相手の視点を増やしてあげる訳ですが、
[視点が増える=選択肢の数が増える=可能性が増える]ということになります。

つまり、気づきを与えるコミュニケーションが取れる人は[新たな発見をくれて、可能性を広げてくれる存在]になって、相手の中でかなり貴重な存在になります。

それを僕らは意図的に行っていけば良い訳です。

そう考えると好奇心旺盛で興味の範囲が広ければ知識も多いですし、人の役に立てる範囲が広がりますよね。
それだけ価値が生まれやすく、魅力も感じてもらいやすいです。

ただここで注意しておきたいのが[気づきを与える]ということと、[知識を与える]ということは全然違います。
魅力的な人は気づきを与えるコミュニケーションなので、そこは勘違いしないようにしましょう。

4-3[知識を与える]と[気づきを与える]の違い

知識というのは外側から入ってくるモノでそのうち忘れます。
気づきというのは内側から起こるモノで忘れません。

例えば恋愛の教材で暗記した知識なんて直ぐに忘れますが、大好きな恋人からフラれて得た気づきは一生覚えてます。

気づき1つで人生を左右するんですよね。

じゃあ気づきを与えるにはどうしたら良いのかというと、必ず相手の視点に立つ必要があります。
相手の理解度はどれくらいで、どんな伝え方をしたら響くのか、リアクションを見ながら模索して伝えなければなりません。

一方で、知識を与えるのは簡単です。
知ってることを羅列するだけで良いのですから。
でも、知識を与えるだけではウザがられることもあります。

たまにいますよね。
アピールしたいがために聞いてもいないウンチクをひたすら語る人(笑)

このように[知識]か[気づき]かでは全然違うんです。

空気の読めない人は自分の欲求を満たすために知識を羅列し、
魅力的な人は相手の可能性を広げるために気づきを与えます。

どちらになりたいでしょうか?

4-3インプットと体験で視点を増やす

他人へ気づきを与えるには知識の量が必要ですし、視点の数も大事になってきます。

例えば、ヒモ男にハマる女性は周りの「別れた方が良いよ!」という言葉も届きません。
上っ面だけで伝えても無理なんです。
分かってもらうには色んな視点が必要ですし、色んな知識も必要です。

そこから相手の心に響きやすい例え話などを探さなければなりません。
しかも相手の気持ちを汲みながら。

そうして自分の問題の本質に気づいてもらうんです。

「あなたはヒモ男が好きなんじゃなくて、必要とされることで自分の存在価値を感じたいだけなんだよ」
「問題の本質は自己肯定感の低さだよ」と。

このように気づきを与えるというのは大変な作業です。

だからこそ魅力的な人になるためには、知識も視点も増やす必要があります。

そして知識をインプットした後に大切になるのが体験をするということです。

例えば、恋愛テクニックの知識を付けたとします。
でも一度も女性を口説いたことが無いのであればその知識は気づきを与えることには使えないです。

なぜなら気づきを与えるには相手の気持ちをリアルに想像できないとダメだからです。
一度も女性を口説いたことがない人間が、口説けずに悩む人の気持ちがリアルに想像できますか?

無理ですよね。

それでは他人へ気づきを与えることは不可能です。
だから知識を得たら自分が体感することで自分の血肉へする必要があります。

自分が体感するからこそ相手のことがリアルに想像できて、どのように伝えたら響くのかが分かるんです。

だから知識のインプットと体験の両方をセットでやることが大切になります。

5まとめ

魅力的な人になる方法は理解していただけたでしょうか。


ステップ1:魅力的な人の特徴を知る
ステップ2:自分の現状を把握し、足りない部分を補う
ステップ3:魅力的な人のマインドセットを取り入れる
ステップ4:価値を与えるコミュニケーションをマスターする。

これらを徹底的にやっていけば確実に魅力は増していきます。
魅力的な人になって人生を謳歌したいですね!


最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です