付き合う前に体の関係を結んでしまう都合のいい女6つの特徴

どうも。高橋です。
「なんで私は男運ないんだろう…」
「どうしていつも変な男ばかりと付き合っちゃうんだろう…」
「私は幸せになれないのかな…」

そんなことを思ったことはないですか?
実はコレ…都合のいい女性になってしまっているからかもしれません。

ここでは、そんな都合のいい女性の6つの特徴とその根本的な解決策についてお伝えしていきます。

心の奥底をエグる内容になるかもしれませんが、必ず役に立つと思ってますので是非とも今後の参考にしていただけたら嬉しく思います。

では、参りましょう。

1悪い男の大好物!都合の良い女の特徴6つ

まずは都合の良い女とは何なのか…その特徴を把握しましょう。

1-1相手の都合に全て合わせる

会う日は全て向こうの予定に合わせ、急な呼び出しにも何とか調整して会おうとしてしまう…そんな行動が[都合のいい女]になっているかもしれません。

逆の立場で考えてみてください。
[いつでも会える男、どこにでも会いに来る男、全てあなたに合せる男][沢山は会えないけど忙しい中で貴重な時間を割いてくれる男、相手の気持ちを汲みつつ、合わせるだけじゃなく自分の意志の上に生きる男]どちらが魅力的でしょうか?

「いつでも、どこでも、何度でも会います!」だと希少価値も下がってしまい、安売りのように感じてしまいます。

全てを相手に合わせるのではなく、自分の意志の上に生きましょう。

1-2押しに弱く、付き合う前に体の関係を結ぶ

付き合う前に体の関係を結んでしまうと悪い男に遊ばれやすくなります。

どうしても体の関係を結んだ後では、相手を好きになりやすくなり、もし惚れてしまうと都合の良いように扱われます。

そしてそうなってしまう女性の多くは自分に自信がありません。
だから求められているのが体だけだとしても、「私が必要とされてる!」と思えば応じてしまいます。

そして悪い男はその心理を利用します。
何度か体の関係を結んで惚れさせるんです。

すると女性側は自分に自信が無く、関係が終わってしまうのも怖いので「私達って付き合ってるの?」と、正面から聞けません。

「もしかして遊ばれてるかも?」という疑念を持ちながらも、相手が好きだから応じてしまうんです。

そんな心理を利用する悪い男には気をつけて、付き合う前に体の関係を結ぶのはやめておきましょう。

1-3浮気相手として扱われても我慢する

これも自分に自信が無いので「必要とされてる!」と思えれば浮気相手でも我慢をしてしまいます。

そしてそんな女性の多くは心が常に満たされてません。
誰も必要としてくれないと自分の存在価値が無いように感じてしまうので、その欠乏感を埋めるためなら「浮気相手でもいいや」ってなってしまうんです。

自分にはもっと価値があり、大切にされるべき存在です。
そんな自分を安売りすることはやめましょう。

1-4自分の意志を表さない

自分の意志が無いのも都合のいい女として扱われやすくなります。

これも自分に自信が無いので、意見が言えないんです。
すると相手の都合に合わせることが多くなり、断ることもできなくなります。

そして男の要求ばかりのむようになり、[都合のいい女]が完成します。

1-5嫌われるのが恐い

嫌われるのが恐いと相手の都合に合わせやすくなります。
「断ったら嫌われるかな…」
「こんなこと言って変に思われたらどうしよう」
「ワガママ言ったら嫌われちゃうかも」

そんな想いが自分の欲求を閉じ込めて、相手の都合の良いように合わせてしまいます。

また、人によっては嫌われないように彼のお願いを何でも聞いて、尽くしてしまうことも。

そうやって何でもやってしまうとダメ男が完成し、結局は苦労する羽目になります。

嫌われないように努力するのではなく、
尽くすことで好かれようとするのではなく、
自分の価値を高めて、自分の魅力を好いてもらうように努力しましょう。

1-6寂しがり屋

寂しがり屋の女性も都合のいい女になりやすいです。
常に心が満たされてないので、男がいないと不安定になってしまいます。

そうなると変な男や、悪い男でも「いないよりはマシ!」となりやすく、都合のいい女になっていきます。

そうならないためにも恋愛以外でも自分の心を満たせるようになる必要があります。

他にも熱中できる趣味などを見つけると良いです。

基本的に「いつでも自分を満たすのは自分」ということを心得ましょう。

2なぜかいつも都合のいい女になってしまう4つの理由

[都合のいい女]の特徴を理解した後は、なぜそうなってしまうのか…その根本的な原因を探っていきましょう。

2-1自分に価値が無いと思い込んでいる

一番の原因は自分に対する無価値感です。
自分には価値がないと思っているため、基本的に「私なんて本当に好かれるはずがない」と心のどこかで思ってます。

それが自信の無さに繋がり、好きな人ができると「捨てられるのが恐い。嫌われないように頑張ろう」となるんです。

するとドンドン自分の欲求は抑えて、全て相手の望むようにしてしまいます。

そうなると[都合のいい女の6つの特徴]でお伝えした通りのパターンが完成です。

なのでまずは自分の中の無価値感と向き合う必要があります。

2-2自分の満たされない欲求を男に満たしてもらおうとしている

自分に価値が無いと思っていると「私は存在する意味があるんだろうか?」「何で生きてるんだろうか?」などと漠然とした不安を抱えやすくなります。

その状態というのは自分の存在価値が満たされてなくて不安定なんですよね。

そうすると悪い男を捕まえやすくなります。
ダメな男でも自分の存在価値を満たしてくれるなら良いと思えてきてしまうんです。

例えば、とても空腹で死にそうな時に、目の前に美味しそうな料理を「食べて良いよ!」出されたら直ぐにでも食べたくなりますよね。

たとえそれが実は人のモノだったとしても、実は賞味期限が切れていたとしても、身体に悪いモノだったとしても、罠だったとしても…。

でも自分が満腹だったらどうでしょう?
もっと冷静に判断するかと思います。

「本当に食べて大丈夫?」と疑うはずです。

そうすれば賞味期限切れに気づきますし、人のモノかもしれないと考えますし、罠の可能性も考えます。

まさにこれと同じです。

足りない部分を男に満たしてもらおうとすれば、判断は鈍り、手を出してはいけない男にハマってしまいます。

人のモノ…不倫だったり、
賞味期限切れ…別れたはずのダメンズだったり、
罠…セフレしか求めてないチャラ男だったり。

常に空腹状態なので判断力が鈍ってます。
だから男によって満たしてもらうのではなく、自分自身の力で満腹にできる能力が必要になります。

2-3自分に自信が無いから相手の気持ちが聞けない

愛される自信が無いので相手の行動に不安を覚えても、それをハッキリと相手に確認することができません。

「問い詰めたら私の存在価値を満たしてくれるこの人を失うかもしれない」…その恐怖に勝てないんです。

そのためズルズルと都合のいい女を続けてしまいます。

これを続けてしまうと、最初は相手はあなたのことを[都合のいい女]と思ってなかったとしても、自分で価値を下げていって自ら[都合のいい女]ポジションになりにいってしまいます。

そうならないためにも、自分の意志を持ち、自分から価値を下げず、相手と正面から向き合っていく努力が必要です。

2-4結局全ては傷つくのが恐いから

これまでの根本原因の全ては「傷付くのが恐くて自分を守っている」から起こります。

自分の無価値感と向き合うのが恐いので、都合の悪いことからは目を背け、表面的にでも必要とされればそれで満足しようとするんです。

しかし、自分の内面と向き合わない限りは根本的に解決はせず、誰と付き合っても都合よく扱われます。

つまり「男運が無い」という女性は、運が悪いわけではなく、自分の思考がダメ男を引き寄せてるだけです。

その負の連鎖を断ち切るためにも、傷付くのが恐いからと言って、自分の気持ちから目を背けるのはやめましょう。

3根本から都合のいい女を卒業するには男ではなく自分と向き合う

男運が悪いとか、タイミングが悪いとか、自分以外の何かに目を向けるのは止めて、自分と向き合ってみましょう。

自己理解を深めること…ここが自分を変えるスタートラインになります。

3-1実は都合のいい女とは人の気持ちを察する能力に長けている

都合のいい女…コレを聞くと世間的にはマイナスなイメージばかり浮かびますが、実はそうでもありません。

[都合のいい女]とは相手の気持ちを察する能力に長けているんです。

相手の顔色を伺い、どう思っているのか、何をしてほしいのか、今どんな気分なのか、などを察することができます。

これは生きて行く上でとても大切なスキルです。

しかし[都合のいい女]はこの能力を自分の欲求を潰すために使います。

相手の気持ちを察してしまうゆえに、自分の本音を言う前に相手の欲求を優先させ、ことごとく自分の感情を抑えます。

これは間違ったスキルの使い方です。

これからは相手の気持ちを察するスキルは、相手との関係を築くために使ってください。

相手の気持ちが察すれるからこそ、
「どう言ったら自分の想いが伝わるのか」
「どんな態度で臨んだら相手は理解してくれるか」
「どう表現したら相手は動いてくれるのか」
が想像できます。

そうして相手を思いやりながら自分の本音を伝えることで衝突も減り、お互いが理解を深めて、良い関係を築いていくんです。

せっかく持っている能力を有効に使っていきましょう。

3-2なぜ嫌われるのが恐いのかを掘り下げる

なぜ嫌われるのが恐いのか…ここを掘り下げないと根本解決にはなりません。

これまでもお伝えしてきましたが、都合のいい女になる根本的な原因は[自分の無価値感]です。

流れとしては
[自分には価値が無いと思う]
→[私って生きてる意味あるの?]
→[自分が存在する理由が欲しい]
→[誰かに必要とされたい]
→[男が欲しい]
→[身体だけの関係だとしても必要とされないよりマシ]
→[男を失ったら自分の存在価値が消えちゃう]
→[嫌われたくない]

こんな感じです。

この思考パターンを変えるには、根本にある自分の無価値感は何が原因で生まれたのかをハッキリさせる必要があります。

だって不思議じゃないですか?
生まれた時はなにも考えてない赤ちゃんのはずなのに、いつから「自分には価値が無い」なんて思うのでしょう。

それには必ずキッカケがあるんです。

まずはそれを自覚する必要があります。

3-3自分の過去へタイムスリップ

無価値感が生まれるキッカケは親子関係にあります。
特に父親との関係が強く影響してることが多いです。

だから自分の過去を遡って、幼少期〜大人まで、両親とどんな関わり方をしてきたかを思い出してください。

例えば、父親がとても厳しかったり、いつも仕事で忙しかったり、暴力を振るっていたり、浮気してばかりだったりすると、子供は父親の顔色を伺いながら愛情を貰おうとします。

「今は忙しいのかな…」
「今の機嫌は大丈夫かな…」
「怒られないかな…」

などと子供なりに気を使うんです。

そんな幼少期を過ごすと、大人になっても恋愛で同じパターンを繰り返します。

甘えたくても甘えられないという状況が[自分には愛される価値が無い]という想いを無意識に生み、顔色を伺うクセを身につけさせるんです。

これはあくまで一例なので細かい原因は人それぞれですが、自分の過去を振り返って無価値感が生まれた原因は何なのかを探ってみてください。

そうすると「自分には価値が無い」というのは思い込みで、「無価値感」は両親との関係の中で勝手に自分が生み出したモノだと分かってきます。

それだけでも一歩前進です。
まずはその思い込みに気づくとこから始めましょう。

3-4自分の本音と行動を一致させる

自分の無価値感は思い込みということに気づいたら、今度は行動を変えていきましょう。

まずできることとしては、自分の本音と行動を一致させてください。

[都合のいい女]になっている人は本音を表現しません。
これは自分の想いを自分で潰しています。

だからその度に自分の価値を自分で下げていき、無価値感がどんどん強まっていきます。

この悪循環を断つためにも、まずは自分と向き合って本音を自覚し、その本音を汲む行動を自分のためにとってあげてください。

自分の想いを大切にするという行動の積み重ねが自分の価値を高めていきます。

その他色々と自分の価値を感じるための方法はありますが、その辺はこちらの記事を参考にしてください。

劣等感丸出しの状態からたった3ヶ月で自分のことが好きになる方法

誰もが羨むくらいの圧倒的な自信をつける5つの方法

4心から愛される人になろう

[都合の良い女]から脱却するだけでなく、男性に心から愛される人になりたいですよね。
ここではそんな愛される女性になるためにどうしたら良いかをお伝えしていきます。

4-1相手に求める前に、まずは自分から

まず大前提として、人から愛されたいのであれば、まず自分から相手を愛さないとそれは手に入りません。

愛情がほしい!ほしい!ほしい!では関係は築けないんです。

そして相手を愛せるようになるには[自分で自分のことを愛している]という状態を作ることが必要です。

[自分自身を愛してる=自分で自分の存在価値を感じれてる=自分が満たされてる]ということです。

この状態があって初めて相手のことを大切にしようと思えます。

よく世間でも言われてますが「自分を愛せない人は他人も愛せない」というのはその通りなんですよね。

では、「なぜ自分が満たされてないと他人を愛することができないのか」その理由をお伝えしていきます。

4-2自分で自分を満たすことの重要性

自分の存在価値が満たされていないと無意識にのうちに他人に満たしてもらおうとします。

特に恋愛において自分の存在価値を満たして貰おうとすると、「もっと注目してほしい」「もっと愛情が欲しい」「もっと大切にしてほしい」など、ほしいほしいほしい!で埋め尽くされて何でも相手に求めたくなります。

もしくは逆に自分の欲求を完全に抑えて我慢をしてストレスを溜めていきます。

そして最終的には自分がストレスに耐えられなくなって関係が崩壊します。

どちらにせよ、そこには「相手を幸せにしたい!」という想いは無く、いかに自分が満たされるかどうかしかないんです。

逆の立場で想像して見てください。
そんな人を心から愛したいと思うでしょうか。

しかし自分が満たされていれば相手に求めることは減り、純粋に「相手のために何かしたい!力になりたい!」と思えます。

そーやって自分が相手を大切にしていくからこそ、相手からも大切にされます。

だから自分を満たすことはとても大切なんです。

4-3相手と一緒に成長していく感覚を持つ

自分を満たし、相手を思いやりながら付き合っていく上で大切なのが「一緒に成長していく」というマインドセットです。

性別も違うし、お互い育ってきた環境が違うので、価値観の部分で合わないことも必ずあります。

そんな時「一緒に成長していく」という感覚が有るか無いかでは全く結果は違います。

その感覚が無いと、「どうして分かってくれないの?」「何で私ばっかり我慢しなきゃいけないの?」と不満が溜まりやすくなります。

でも[一緒に成長していく]というマインドセットがあれば、「お互いが理解を深めるチャンスだ!」「コミュニケーションを鍛える良い機会だ!」と捉えることができます。

そうやって価値観の違いも有意義に捉えることができ、一緒に成長できる女性は男にとってとても貴重な存在です。

そんな女性を男は手放したくないでしょう。

価値観の違いを不満のタネにする人と、
価値観の違いを成長のタネにする人と、
どっちが愛されるでしょうか。

…この辺に関してはこちらの記事に詳しく載っているので参考にしてください。

「価値観の違いで別れる」は嘘⁉︎誰も知らない本当の原因4つ

5まとめ

[都合のいい女]の特徴から改善策までお伝えしてきましたが、参考にはなりましたでしょうか。

テクニックで表面的に男に好かれるようにはできますが、長く付き合ってずっと愛されるには、人としての地力が必要になります。

この内容ではそんな[人としての地力]の高め方もお伝えしてあるので是非とも今後の参考にしていただけたら嬉しく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

今はライン@で個別相談受け付けてます(^^)
是非こちらの友達追加をポチッと押してもらって、相談送ってください(^^)

友だち追加
ハピネーション無料E-book

ハピネーション無料E-book

人間関係やコミュニケーションで悩んでいるあなたに必見です。 この無料Ebookでは今まで誰も教えてくれなかった[人間関係][コミュニケーション]の極意を特別にお伝えしております。 このEbookを読むことで、 世に出回っているような薄っぺらいテクニックとは違った、 本当の意味でのコミュニケーション力を身につけていただきたいと思います。 是非ともこの機会に受け取ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です